2022/7/11

【メディア】「唾液中のたんぱく質にコロナを防ぐ効果」が発表されました。

2022年7月6日、大阪公立大の研究チームは「唾液および口腔細胞が新型コロナウイルス感染症の重要な感染経路である」とし、唾液中のタンパク質が感染を阻止する研究内容を国際科学誌で発表しました。
各報道機関でも掲載され、大注目の情報です。
サリオーラボーテ・サリオーラタブレットの必要性が感じられます。

 【Yahooニュース:人の唾液が予防のカギになる

 【朝日新聞:唾液中のたんぱく質にコロナ防ぐ効果 唾液少ない高齢者、重症化の一因か】

 【毎日新聞:唾液中の特定たんぱく質 コロナ感染防止に効果


 

大阪公立大学のニュースリリースはこちら